>

ゴールドで指輪の手作り | はじめて指輪を手作りするひとへ

menu
HOME » 指輪ガイド » ゴールドで指輪の手作り

ゴールドで指輪の手作り

結婚指輪を手作りする場合の定番はプラチナなのですが、他にもいろいろな素材が存在しています。
その1つがゴールドなのですが、ゴールドはプラチナに匹敵するぐらい希少な金属だと言えるでしょう。
プラチナは普通に見ただけではシルバーやステンレスとあまり変わりありませんが、ゴールドは一目見ただけでも違いは一目瞭然です。

ゴールドの特徴は他にもあるのですが、それは他の金属と混ぜ合わせることができるという点でしょう。
当然他の金属でも同様のことが可能ですが、何でも混ぜればよいというわけではありません。
それに対してゴールドはいろいろな金属とも相性がよいので、他の金属をどれだけ、どのようにして混ぜ合わせるのかによって、色が変わってくるのです。
さまざまなカラーバリエーションがあることも、人気の理由だと言えるでしょう。

耐久性や強度も申し分ありませんが、プラチナと同様に柔らかい金属になっているので、キズが付かないように注意しないといけません。
その欠点を補ってくれるのが、他の金属を混ぜ合わせるという方法なのです。
手入れもとても簡単で、汗をかいたりしたときに軽く指輪を拭くだけできれいになるでしょう。
腐食や変色の心配もないので、1度手作りをすれば一生涯持たせることも不可能ではありません。
だからこそ結婚指輪を手作りする際に、ゴールドを選ぶ人も多くなっているのです。

他にもメリットがあるのですが、それは肌になじみやすいという点です。
他の金属は基本的に銀色をしていますが、金色は若干肌の色にも近くなっていることから、全くとまではいかないものの、肌にしっかりとなじんでくれるでしょう。
一生涯身につけることも多いので、肌になじみやすいというのは大切なことなのです。

先ほどいろいろな金属と混ぜ合わせることで色が変わると説明しましたが、カラーバリエーションはイエロー、ピンク、ホワイトが一般的です。
もちろん他の色も可能ですが、定番の色にしておくのもよいでしょう。
実際に色を見て、後悔しないように慎重に検討するべきです。