>

シルバーの手作り指輪 | はじめて指輪を手作りするひとへ

menu
HOME » 指輪ガイド » シルバーの手作り指輪

シルバーの手作り指輪

結婚指輪に用いられていることが多いシルバーですが、もちろんシルバーの指輪も手作りすることが可能です。
銀を使うということは、ある程度手作りする場合にも値段が高くなってしまうのではと思う人も多いでしょう。
しかし、それほど素材が高いということはないので、安心して素材に用いるべきです。
やはり見た目がとてもきれいということもあり、現在では定番の素材だと言っても過言ではありません。

ここで注意するべきことが1つあるのですが、シルバーの素材を購入するときには、ステンレスと間違えないようにしましょう。
銀とステンレスは見た目が似ていますし、ステンレスもしっかりと磨くと光沢が出るので、きちんと確認しないと間違えてしまうことがあります。
店で購入する場合には、当然値札にも使用されている素材が書かれているでしょうし、手作りするのであれば素材も一緒に購入しなければいけません。
素材その物を購入するのに、素材の名前が明記していないということはありませんが、それでも間違えてしまう人がいるのです。
間違えないようにするためには、自分の目でしっかりと確認するしかありません。

シルバーの指輪にはメリットがたくさんあるのですが、実はデメリットも存在しています。
基本的にデメリットが存在していない物はこの世にはないので、デメリットを把握した上で指輪を手作りするべきでしょう。
シルバーのデメリットは変質しやすいことです。
きちんと手入れをしておけば、いつまでもきれいな状態を保つことができるのですが、長期間放置しておくことで、黒く変色してしまうことがあります。

特に硫黄を含んでいる物には弱い性質があるので、温泉に入るときなどは必ず外してからにしましょう。
化粧品などによっても変色することがあるのですが、シルバーの場合には専用のダスターを使って磨くことで、また元のような輝きを放つようになるのです。
もちろん僅かながらどんどん削れてしまうので、黒くなったら磨けばよいという考えは止めるべきでしょう。