>

手作り指輪の作り方 | はじめて指輪を手作りするひとへ

menu
HOME » 指輪ガイド » 手作り指輪の作り方

手作り指輪の作り方

指輪を手作りする方法は1つだけではなく、複数存在しているのです。
今回は自分で道具などを全て揃えて行う作り方ではなく、手作り工房を借りて行う方法を紹介します。
手作り工房を借りることにより、道具を一切揃えなくても指輪を手作りすることができるのです。
工房なら手作りの結婚指輪を作ることも可能です。

借りる工房によっても若干異なるのですが、一般的にはワックスなどで型を作るところから始めます。
型を作れば後はとても簡単に作成することができるのですが、なぜ簡単にできるのかというと、型に金属を流し込むだけだからです。
このような方法を鋳造というのですが、こういった作り方をしている店だけではありません。

他にも少々技術が必要になるのですが、鍛造という方法で指輪を手作りする方法も存在しているのです。
鍛造というのは、鍛えるという字が使われていることでもわかるように、金属をしっかりと鍛えながら指輪を作っていく方法になります。
ようするに焼き入れをしていくことになるのですが、昔の鍛冶屋のような方法になるので、鋳造よりは多少技術が必要になるのです。

まず金属の塊を使って、徐々に引き伸ばしていく作業から始めましょう。
最初は丸くなっているので、これを指輪にするためには、細長くしていかなければいけません。
しかも形がいびつになっていては、きれいな形にすることができないので、できる限りまっすぐ細長くする必要があるのです。
このように記載するとかなり難しく感じると思いますが、まっすぐになるように型にはめて叩いていくので、力の加減さえ間違わなければ、比較的きれいに仕上げることができるでしょう。
後は金属を曲げて溶接を行い、仕上げの加工をして終了になりますが、好みに応じて刻印を打つことも可能です。

人によっては最初から最後まで行うのが難しいと感じる場合もあるでしょうが、スタッフがサポートしてくれるコースと、全て自分で行うコースを設けている工房もあります。
このようなところで指輪を手作りすれば、作り方がよく分かっていないという人でも、安心して利用することができるでしょう。