>

自宅で指輪を手作りする | はじめて指輪を手作りするひとへ

menu
HOME » 指輪ガイド » 自宅で指輪を手作りする

自宅で指輪を手作りする

指輪の手作り方法と言えば、工房へ行って行う場合が多いのですが、その理由はスタッフがいろいろとサポートしてくれることや、道具一式を買い揃える必要がないからです。
道具一式を買い揃える費用は削減できるのですが、当然利用料は支払う必要があるので、一長一短があると言えるでしょう。
では、自宅で指輪を手作りする場合にはどうなのかというと、工房を利用する料金は取られないのですが、道具一式や材料を購入する費用が必要になるのです。
こちらもやはり一長一短があると言えるでしょう。
今回は自宅で指輪を手作りするための方法や、一連の流れなどを紹介していきたいと思います。

まずは必要な道具や材料を買い揃える必要があるので、ホームセンターなどで買うことから始めましょう。
近年はインターネットでも購入することができますし、指輪の手作りキットという商品が販売されています。
この手作りキットを購入することで、必要な物を一式揃えることができるのです。
もっと道具があった方がよいという場合には、別に購入するようになるでしょう。

材料はステンレスやシルバー、ゴールドやプラチナなどがよく使用されているのですが、自宅で行うのであれば、ステンレスやシルバーが一般的です。
お金に余裕があるという人は、ゴールドやプラチナを購入してもよいですし、宝石をワンポイントとして用いる方法や、指輪全体に散りばめるという方法もあります。
ただし、全体に散りばめる方法というのは、ある程度高い技術が必要になってくるので、初めて行う人にはかなり難しいでしょう。
手先が器用でいろいろな物を作っているという人や、仕事で似たような作業をしているという人は別です。

手作りする方法はインターネットでも調べられますし、本を購入する方法もあるので、一連の流れは初心者でもわかるでしょう。
基本的には材料をハンマーで加工して引き伸ばし、型にはめながら叩いていきます。
丸く輪になったら接着をしてヤスリで整えていき、必要に応じて刻印や宝石を取り付けるのですが、初めての場合にはあまり凝らない方が無難です。