>

指輪ガイド Archives | はじめて指輪を手作りするひとへ

menu
HOME » 指輪ガイド

指輪ガイド

手作り指輪の体験談

工房やワークショップを利用する場合でも、自分で道具や素材を買い集めて指輪を手作りする場合でも、まず参考にするべきことは体験談でしょう。
工房やワークショップを利用する場合には、親切で丁寧に指導してくれるスタッフがいるかどうか、記載されている料金以外にはお金を取られることがないのかという点などは、実際に利用した人でなければわかりません。
『手作り指輪の体験談』 の続きを見る

ワークショップで指輪を手作り

自分で手作り指輪に必要な道具を買い揃え、自宅で作業をするという人も多いのですが、ワークショップに行って作るという人も多くなっています。
そこでワークショップに行って指輪を手作りするメリットを見ていきたいと思いますが、やはり必要な道具を自分で購入しなくて済むというのが大きなメリットでしょう。
指輪を手作りする際の材料になる金属や宝石なども買い揃える必要がないので、店を回ったりインターネットでいろいろな店を調べたりする必要もありません。
『ワークショップで指輪を手作り』 の続きを見る

自宅で指輪を手作りする

指輪の手作り方法と言えば、工房へ行って行う場合が多いのですが、その理由はスタッフがいろいろとサポートしてくれることや、道具一式を買い揃える必要がないからです。
道具一式を買い揃える費用は削減できるのですが、当然利用料は支払う必要があるので、一長一短があると言えるでしょう。
では、自宅で指輪を手作りする場合にはどうなのかというと、工房を利用する料金は取られないのですが、道具一式や材料を購入する費用が必要になるのです。
こちらもやはり一長一短があると言えるでしょう。
今回は自宅で指輪を手作りするための方法や、一連の流れなどを紹介していきたいと思います。
『自宅で指輪を手作りする』 の続きを見る

ひとりで指輪を手作り

指輪を手作りする場合には、ひとりで行う場合も多いでしょうが、カップルで一緒に作ることを希望する人もいるのです。
しかし、相手にプレゼントするものを直に見せるのはあまり好まれていない傾向にあります。
男性であればひとりで指輪を手作りしたいと思う人が多いのですが、何人で作っても行うべきことは一緒です。
異なるのは自分で全て材料や道具などを揃えて自宅で行うのか、もしくは工房などに出向いてスタッフに指導してもらう方法を取るかという点だけでしょう。
『ひとりで指輪を手作り』 の続きを見る

手作り指輪のデザイン

手作り指輪にもいろいろなデザインが存在しています。
どれも同じ形状に見えるかもしれませんが、実際には微妙に異なっているのです。
指輪の素材や使う宝石なども決めておかなければいけませんが、形状などもしっかりと決めておく必要があります。
しかし、初めて手作りする場合には、どのようなデザインにすればよいのかわからないという人が多いでしょう。
特に男性は普段結婚指輪以外の物を身につける人は少ないので、あまり詳しくない人も多いでしょう。
このようなときには、インターネットを利用してどのようなデザインがあるのかを見ておくという方法が効果的です。
『手作り指輪のデザイン』 の続きを見る

手作り指輪に用いる石

指輪の素材というのは金属で作られるのが一般的ですが、宝石を一緒に埋め込んで、ワンポイントにすることもあるでしょう。
もちろん手作りする場合でも石選びは重要になるのですが、どのような種類の物を使うことが多いのでしょうか。
手作り指輪に用いられている石の種類はたくさんあるのですが、数はとても多くなっています。
『手作り指輪に用いる石』 の続きを見る

手作り指輪の新素材

指輪の素材にはいろいろとあるのですが、現在では当たり前のような素材になっている物もあれば、近年新しく使用されるようになった新素材も存在しているのです。
また、複数の素材を合わせることによって誕生する新素材もあるでしょう。
手作りの指輪を作成するのであれば、どのような金属が存在しているのかを知っておくことも重要です。
まずは基本となる手作り指輪の素材を見ていきましょう。
『手作り指輪の新素材』 の続きを見る

ゴールドで指輪の手作り

結婚指輪を手作りする場合の定番はプラチナなのですが、他にもいろいろな素材が存在しています。
その1つがゴールドなのですが、ゴールドはプラチナに匹敵するぐらい希少な金属だと言えるでしょう。
プラチナは普通に見ただけではシルバーやステンレスとあまり変わりありませんが、ゴールドは一目見ただけでも違いは一目瞭然です。
『ゴールドで指輪の手作り』 の続きを見る

プラチナで指輪の手作り

指輪の材料にはいろいろとあるのですが、よく用いられているのがシルバーやステンレスです。
その理由は原材料が安いからなのですが、特に結婚指輪になると、一生使い続けていくことも多いので、もっと高くてもよい素材を使って手作りしたいと考える人もいます。
強度や耐久性のある金属も多いのですが、その1つがプラチナです。
『プラチナで指輪の手作り』 の続きを見る

シルバーの手作り指輪

結婚指輪に用いられていることが多いシルバーですが、もちろんシルバーの指輪も手作りすることが可能です。
銀を使うということは、ある程度手作りする場合にも値段が高くなってしまうのではと思う人も多いでしょう。
しかし、それほど素材が高いということはないので、安心して素材に用いるべきです。
やはり見た目がとてもきれいということもあり、現在では定番の素材だと言っても過言ではありません。
『シルバーの手作り指輪』 の続きを見る